パッションフルーツ秋果がそろそろ

早くも冬と思われる気候に入った明日香村ですが、明日香夢の正面玄関のパッションフルーツ秋果が紫色になってきました。9月から60日を迎えためしに2個収穫してみました。残暑の9月の開花でしたので大きさは小さいですが結構しっかりと果肉が詰まっています。ただ、夏果のような香りは若干少ないと思われます。
画像
秋果も20個ほど実っていますので霜が降りる時期(12月初旬)までには収穫したいと考えています。なお、また、外皮も結構強いむらさき色になっていますが、寒さでアントシアニンが増加したためと思われます。植物には防衛能力がありますが、白菜などは寒さで糖度の上昇がみられますが、カリフラワーやブロッコリーなど、寒さへの耐性UPとしてポリフェノールを蓄える作用があるようです。紫色のアスパラガスなどは同様の作用を利用した品種と言えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック