ぶどうの摘粒はさみケースを自作してみました。

画像


2020年東京オリンピックが決まりました。喜ばしい日になりました。2020年の私は65歳になりますが、農園が完成し、第三の人生が順調に歩んでいる事を望むのみです。

朝から雨で、農作業もお休みしています。
2009年頃、浅草で仕事をしていた時に、裏通りのかばん屋さんで皮のはぎれを購入していました。
オリンピック招致のTVを見ながら作ってみました。
ぶどうを20本植えましたが、摘粒作業に使用するはさみを入れるケースです。3年後の収穫をイメージしながら
作ってみました。購入すると1000円程度ですが、はぎれ300円、製作時間は3時間です。
愛着を持って使っていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック